本当の住宅問題?

日本の住まいを考える上で、ずっと気になっていたことが記事になっていました。

産經ニュース2014.10.19【日曜講座 少子高齢時代】空き家急増 マンションが新たな火種

 

最近、また同じような記事を目にしました。

マンション“無価値化”時代到来か 売るなら今!タダでももらい手なし、すでに賃貸下落


マンションは今のうちに売った方がいいですよ、マンションは買わない方がいいですよ、

なんて言うためではありません。

 

空き家問題の本質はどこにあるのか、考えてしまいます。


「少子高齢化」「人口減」が叫ばれるようになって久しくなりますが、

これらは大変な社会問題であるはずなのに、世の中では案外重要視されていないのも事実です。


その一方で「住宅着工件数」「新築販売」など、景気を判断する材料として未だに使用される指標、

「低金利」を謳い文句に新築住宅の購入を促進する銀行や住宅販売会社・・・

「ああ景気がよくなったのかな?」と思わせるような週末のマンション広告たち。

バブルの頃を知るが故の勘違い、「ちょっと待て」と制止されなければ大変なことになりそうです。

 

本来、住まいというものは自然や外敵から家族(特別な集団)を守るための防御施設でした。

石器時代には洞窟等の自然を利用していたものが、自由に場所や形状を選べるように、

自分たちの手で作ることのできる竪穴建物(テント)から柱建物へと変化しました。


安心して生活できる空間を確保し、安定的な食料調達が可能になって、人口が増加したのです。

今は他の要因から?人口が減少の一途を辿っているのに、食料を、住宅を拡大生産し続けています。


違和感を覚えるのは私だけではないはずです。

ようこそ、いらっしゃいました!こちらはT.S.P事務局です。まだまだ発展途上ですが、どうぞよろしくお願い致します。お客様は・・・

 当法人は、すべての人々に対して、国際交流と日本文化に関する助け合い事業を行うことにより、日本文化の推進を目指しています。

 

 主な活動内容としては、外国からの留学生に対する支援、日本の住まいに関する調査研究と諸問題に対する支援、文化財に関する調査等の支援、農業生産に対する支援などです。

 

 大阪府下を活動の中心拠点としながら、必要に応じて広域的に支援を広げていきたいと考えています。

 

 Our company for all people by helping engaged on international 

exchange and Japan Foundation, aims to promote Japanese culture.

 

 As the main activities, support for foreign students, support for 

research on housing issues and the Japanese cultural survey and help, support agricultural production,  etc. 

 

 While in Osaka Prefecture and the hub of activity, we would like to expand globally as necessary assistance. 

 

 このサイトに関する質問や、日本文化・日本語、留学生の支援、住宅問題などに関する質問や問い合わせについては、上記のメニューにある問い合わせや直接メールをお送りください。

 

 また、お急ぎの場合は、右下にポップアップするチャットをご利用ください。担当者につながります!

よかったらシェアしてくださいね。