ようこそ! 特定非営利活動法人サードサポートプロジェクト です

 ~ This is NPO Third Support Project.

2018年

9月

04日

食品ロス問題

政府公報オンラインより
政府公報オンラインより

食品ロスの問題が指摘されるようになったのはいつからだろう。私が子供の頃、昭和40年代にはなかったんじゃないかな。魚屋さんや八百屋さん、パン屋さんに買い物に行ってた頃には聞かなかったと思う。売る側も買う側も、いかに無駄を出さないかってことが生きていく知恵だったような気がする。いつの間にか、多少の無駄より、コスト優先、営利優先、楽さ簡単さ優先になってしまった。その結果、食べ物や命に対する感謝や思いやりを失っているというのは言い過ぎだろうか。

大量生産、大量消費という、いずれも完結しない仕組みはもう戻れないのかもしれない。いや、本来は消費を支える元気な若者たちや働き盛りの人たちがこのままどんどん減っていけば、生産者と消費者の間で商売する人たちはいい加減に気付くだろうか。売れないものは買ってもらえない生産者、大量の食品ロスを処分する費用の負担を強いられている消費者も、いつか気付くだろうか。

 

スーパーでは特売のキャベツの横に置かれたゴミ箱の中に、棚に並べられたキャベツ玉以上の量の葉が捨てられている様子を眺めつつ、期限切れ間近で安売りされている野菜の数に、自分一人では使い切れませんと呟きながら、買い物かごにサニーレタスを入れた。

0 コメント

2018年

5月

31日

友ヶ島へ2

 5月26日土曜日に、念願の和歌山市友ヶ島へ行ってまいりました!

前回のブログでは、友ヶ島のご紹介とアクセスを書いただけでダウンしてしまいました💦

実際、友ヶ島に到達するにはいろいろな難所?試練?を乗り越えなければならず、今回初めてチャレンジできたことで知った情報を書いているうちに満足してしまい、肝心の本編に辿り着けませんでした〜。

 さて、友ヶ島、、、と連発しておりますが、実は「友ヶ島」という島は無いんですね!往路のフェリーの中で、船員のおじさんに教えていただきました。乗船場のある和歌山市加太港に近い東側から順に「地ノ島」「虎島」「沖ノ島」「神島」という4つの島があり、これらを総称して「友ヶ島」と呼ぶそうです。「地ノ島」は完全な無人島だそうで、上陸することができません。「ラピュタ」で有名なのは「沖ノ島」で、東の端で小さな「虎島」と繋がっています。但し、潮が満ちると渡る堤防が水没してしまい、年に1度くらい取り残される人がいるそうです。「虎島」は周囲の海底が浅くフェリーが接岸できないので、わざわざ漁船を借りないと救助に行けないそうです。見学される方は十分に注意しましょう!!「神島」は「沖ノ島」の北側にポツンと浮かぶ小さな島です。神社が祀られていて神聖な場所なので、こちらも上陸はできないようです。

 友ヶ島汽船のフェリーは、「地ノ島」と「虎島」の間を通って、「沖ノ島」北西側にある「野奈浦桟橋」に到着しました。まあ〜、海がきれい!!ここから東の「虎島」や、西半に点在する砲台跡をみっちり巡ると、10km超のコースになります。船員さんに「今の時期やったら、昼過ぎで虎島の渡りは水に浸かるかな」と教えていただきましたので、素直にチャレンジは断念して、砲台巡りに専念することにしました。

0 コメント

2018年

5月

27日

天空の城ラピュタ!?友ヶ島へ

 ジブリアニメの代表作「天空の城ラピュタ」の世界を体感できる場所として一躍有名になった友ヶ島は、和歌山市沖に所在する瀬戸内海国立公園の一部です。

 

 友ヶ島は、名前のとおり海に浮かぶ無人島なので、和歌山市加太港から出航する「友ヶ島汽船」を利用しないと上陸することができません。火・水曜日を除く1日4便(GW・夏季は6便に増便)で、所要時間は約20分です。

 時間や料金の詳細は、友ヶ島汽船(株)まで

 http://tomogashimakisen.com/

 

 ネットで検索すると、出るわ出るわ・・・。さすが有名どころですね。平日は比較的空いてるようですが、土日や大型連休はすごい混雑の様子。1便目は9:00ですが、朝の7時頃から並ぶ人もいるとか!乗船予約ができないため、混雑時には整理券が配られるそうですが、8時頃には無くなったという記事も。恐ろしい・・・しかし、平常時でもお客さんが多くなってしまったせいか、最近は様子をみて臨時便を出してるようです。当日も1便の30分後に臨時便が出航していました。友ヶ島汽船さん、大変なのにありがとうございます!

 私の場合は、2便の11:00狙いでしたが、9時半頃に整理券をいただいてセーフでした。なんといっても、南海電鉄加太線「めでたい電車」でいらっしゃる観光客や海外旅行者が同じような時間に集中してしまうため、注意が必要です。でもまあ、その時間帯に合わせて臨時便を用意してくれてるようですよ。一番大変なのは、車で港まで来る人たち。朝は駐車場がまだ空いてますが、2便目当てで10時過ぎに来られる場合は、満車になってる確率が高いです!その時は離れた駐車場や、空いてる場所を探さないといけないので、空席でも乗船時間に合わない可能性があるので気をつけてください!近くの淡島神社や食事処もありますので、時間に余裕を持っていらしてくださいね。

 船は割と高速なので、ぐんぐん進んでくれます。弱い人でも、しんどくなる前になんとか島に到着してくれそうです。しかし、エンジンの振動がすごい!船頭は座席ですが、船尾は直下にエンジンがあって、立ったままなので激しい振動を直接食らってしまいます。帰りには疲れた足に追いダメージを受けます、風は気持ちいいですが。

0 コメント

2018年

1月

08日

日本語って、むずかしい

あけましておめでとうございます。
と言っても、年が明けてからすでに1週間が経ってしまいました。

連休最後の日をだらだらとテレビを観て過ごしていたところ、
クマが木の実を一生懸命食べている様子を、アナウンサーが「せわしく食べています」と表現していました。

んん??「せわしく」??…「せわしなく」とどう違うんだろう??
せかせかと忙しくする様子を見て、「せわしない」なあ〜なんて言っていたけど、
「せわしい」が正解なら、「せわしない」は何?、もしかしたら忙しくないのか!?
アラフィフにしてなんともお恥ずかしいありさま…

調べてみたところ、「せわしない」の「ない」は、否定ではなくて強調の意味を持つ接尾語でした。
同じような言葉に、「いたいけない」「はしたない」「せつない」があるそうです(国立国語研究所より)
「満遍なく」も仲間で、たしかに「満遍に」と同じ意味で使っています。なるほどね〜

程度の差でいうと、「せわしない」>「せわしい」となるようですが、その差は???
せわしい、と、「本当に」せわしい、くらいの違いってd( ̄  ̄)
雰囲気で使い分けられたら、「おっ、やるなぁ!」って感じでしょうか笑

「せわしい」は漢字で「忙しい」と書くのですが、「いそがしい」との違いは〜というと、
「せわしい」は気分が落ち着かないさま、「いそがしい」は時間がないさま、だそうです。
「せわしない」とともに上手に使い分けられるといいですね〜
あ、いそがしくなくて気持ちに余裕があるときは、「せわしくない」ですって(´⊙ω⊙`)
(参考:知って得する!お役立ちCRIP)

0 コメント

2017年

12月

10日

日本語はむずかしい

言葉を聞くことと、理解することは別もの。

つくづく思い知らされる・・・

 

根本的に相手を理解しようとする気持ちがなければ、成立するはずもないものですが。

相手が思いを形にしようとしたもののほんの一部がきっと言葉なのでしょう、

それを聞いた側は自分の知識や尺度でしか理解できない・・・

本当にその通りだと思います。

 

外国の方々と会話をするとき、お互いの文化や生活環境がまったく違うので、

相手のことを知ろうと一生懸命に努力するし、気遣おうとする。

 

身近な人の場合でも同じはずなのに、つい疎かにしてしまう。

理解してくれて当たり前だ、理解できているはずだと錯覚し、思い込んでしまう。

きっと世の中の人はちゃんとわかっていて、努力されてるんだろうな・・・

当たり前なことなのに、自分にはかなり足りなかったようです。

 

0 コメント

過去の全ブログへはこちら

 

ホームページ内の文章・画像等の著作権は、すべて 特定非営利活動法人サードサポートプロジェクト に帰属します。 すべて、またはその一部を、当法人に無断で引用・転載・複製することはできません。

 

Copyright (C)2010 – N.P.O.Third Support Project.  All rights reserved.

 

< 広 告 >
バーゲンハンター最大70%OFF(毎日更新)   ユーキャン通販ショップ
       
         
       

ようこそ、いらっしゃいました!こちらはT.S.P事務局です。まだまだ発展途上ですが、どうぞよろしくお願い致します。お客様は・・・

 当法人は、すべての人々に対して、国際交流と日本文化に関する助け合い事業を行うことにより、日本文化の推進を目指しています。

 

 主な活動内容としては、外国からの留学生に対する支援、日本の住まいに関する調査研究と諸問題に対する支援、文化財に関する調査等の支援、農業生産に対する支援などです。

 

 大阪府下を活動の中心拠点としながら、必要に応じて広域的に支援を広げていきたいと考えています。

 

 Our company for all people by helping engaged on international 

exchange and Japan Foundation, aims to promote Japanese culture.

 

 As the main activities, support for foreign students, support for 

research on housing issues and the Japanese cultural survey and help, support agricultural production,  etc. 

 

 While in Osaka Prefecture and the hub of activity, we would like to expand globally as necessary assistance. 

 

 このサイトに関する質問や、日本文化・日本語、留学生の支援、住宅問題などに関する質問や問い合わせについては、上記のメニューにある問い合わせや直接メールをお送りください。

 

 また、お急ぎの場合は、右下にポップアップするチャットをご利用ください。担当者につながります!

よかったらシェアしてくださいね。