欠陥住宅問題に関するシンポジウムについて

相変わらず長らく更新できずじまいのまま、とうとう年末が迫ってまいりました。ちまたではクリスマスソングやら、お節料理の予約やらと、慌しい様子です。

さて、秋は日本文化にとって切っても切れない関係の「お祭り」の季節ですが、娯楽系、文化系、体育系と、さまざまな催しが開かれています。

 

今回ご紹介する催しは、欠陥住宅問題というシリアスな内容のものです。当事者となって早15年、苦しくて悔しくて悲しい思いを何度もしました。失ったものはたくさんあり過ぎますが、この経験のおかげで知ったことも確かにあります。この組織を作る1つのきっかけになったのも事実です。

 

日本から欠陥住宅問題なんていう悲惨な出来事は無くなって欲しいという願いから、日本人の住まいってそもそも何だろう、より良い住まい、日本文化に根ざした住まい、そんなことを考えるようになりました。

 

今回のシンポジウムでは、事務局長の亀井光が発表を行います。欠陥住宅問題に真摯に取り組んでおられる建築家の方々との話し合いの中で、住まいの大切さや本来のあり方などについて少しでも考える機会ができればと思っております。

ようこそ、いらっしゃいました!こちらはT.S.P事務局です。まだまだ発展途上ですが、どうぞよろしくお願い致します。お客様は・・・

 当法人は、すべての人々に対して、国際交流と日本文化に関する助け合い事業を行うことにより、日本文化の推進を目指しています。

 

 主な活動内容としては、外国からの留学生に対する支援、日本の住まいに関する調査研究と諸問題に対する支援、文化財に関する調査等の支援、農業生産に対する支援などです。

 

 大阪府下を活動の中心拠点としながら、必要に応じて広域的に支援を広げていきたいと考えています。

 

 Our company for all people by helping engaged on international 

exchange and Japan Foundation, aims to promote Japanese culture.

 

 As the main activities, support for foreign students, support for 

research on housing issues and the Japanese cultural survey and help, support agricultural production,  etc. 

 

 While in Osaka Prefecture and the hub of activity, we would like to expand globally as necessary assistance. 

 

 このサイトに関する質問や、日本文化・日本語、留学生の支援、住宅問題などに関する質問や問い合わせについては、上記のメニューにある問い合わせや直接メールをお送りください。

 

 また、お急ぎの場合は、右下にポップアップするチャットをご利用ください。担当者につながります!

よかったらシェアしてくださいね。