風評被害とは

野菜や果物の出荷に始まった風評被害。

五山送り火の松明(たいまつ)で、「なんだかおかしい」と感じた人も多かったはずですが、

先日は、花火大会で使用する花火玉が、福島で製造されたことに対してクレームを付けられて、

愛知県産のものと取り替えたそうです。

「おかしい」を通り過ぎて、日本人は「バカ」になってしまったのでしょうか。

 

クレームを付けた方は、誰で、どういう意図で、どうしてほしいのか、明確にされたのでしょうか。

聞いた方は、実施することでどういう結果になるのか、きちんとシミュレーションしたのでしょうか。

問題ないなら、明確に断言して、実行すればよかっただけのことではないのでしょうか。

ただクレームに従っただけなら、言う側は増長するばかりだと思うのですが。

 

クレームは、きちんと調査し、情報を提供することを求めているだけで、ただ「止めろ」という意味ではなく、

当事者は、不安を除いて先導することが大切であって、本来の目的を失って迷走していては意味が無い。

 

単なる日常生活の些細なこと、行事ごと、だけの話ではありません。

日本の政策や国策に連なる行動原理なんだと感じました。

 

ようこそ、いらっしゃいました!こちらはT.S.P事務局です。まだまだ発展途上ですが、どうぞよろしくお願い致します。お客様は・・・

 当法人は、すべての人々に対して、国際交流と日本文化に関する助け合い事業を行うことにより、日本文化の推進を目指しています。

 

 主な活動内容としては、外国からの留学生に対する支援、日本の住まいに関する調査研究と諸問題に対する支援、文化財に関する調査等の支援、農業生産に対する支援などです。

 

 大阪府下を活動の中心拠点としながら、必要に応じて広域的に支援を広げていきたいと考えています。

 

 Our company for all people by helping engaged on international 

exchange and Japan Foundation, aims to promote Japanese culture.

 

 As the main activities, support for foreign students, support for 

research on housing issues and the Japanese cultural survey and help, support agricultural production,  etc. 

 

 While in Osaka Prefecture and the hub of activity, we would like to expand globally as necessary assistance. 

 

 このサイトに関する質問や、日本文化・日本語、留学生の支援、住宅問題などに関する質問や問い合わせについては、上記のメニューにある問い合わせや直接メールをお送りください。

 

 また、お急ぎの場合は、右下にポップアップするチャットをご利用ください。担当者につながります!

よかったらシェアしてくださいね。