支援とは・・・

支援活動について、なんとなく形が見えてきたような気がします。

 

災害が発生した時、周り人達の「何かしなくちゃ」と思う気持ちは大切ですが、

初動はあくまでも救援活動が第一であり、「できること」と「できないこと」の区別が必要です。

ここでの活動の核は救援のプロチームであり、本来行うべき支援は、

これらのチームに対するバックアップだったんだと思いました。

しかし実際は、救助隊や自衛隊等に対する物質的あるいは精神的な支援が十分だったとは思えません。

「やって当たり前」的な雰囲気が強く、被支援者以外からの「感謝」や「応援」、

そして「認知」が十分に行われていたのでしょうか。

 

少し時間が経ち、全体の状況把握と復興計画ができれば、やっと復興支援の出番です。

状況把握もできず、計画も無いまま、復興を進めようとしても、

非効率的で無駄が多く、不均衡が生じるばかりで、なかなか前進しない気がします。

しかも、復興の活動の核となるのは、被災者の皆さんであり、ボランティアではありません。

「してあげる」のではなく、あくまで「しよう」とすることに対する支援であり、

被支援者を動かさない支援では、復興には繋がっていかないと思います。

現地では仮設住宅の建設が進められていますが、器さえあれば良いっていうものではなく、

安全第一といって不便な場所に建てても良いというものでもありません。

復興していくための生活基盤となる「家」、プライベート空間の確保であり、

当面の活動ができる拠点とならなければならないものなのです。

被災された方々が自ら活動し、復興していく上での支援を考えなければなりません。

仮設住宅の場所、建築、ライフラインの復旧、生産活動からそれこそ支援活動まで、

被災内部で動き出せるようなシステムを構築すべきだと感じます。

本当は、それらは国策や政策で推し進めなければならないことなのでしょうが。

 

じっとしていて一番辛いのは、きっと被災された方々なんだと思います。

何度も災害から復活してきた日本人を、これまでの歴史が証明しています。

自ら立ち上がって行動する人に対する支援、そんなことができればと思います。

 

ようこそ、いらっしゃいました!こちらはT.S.P事務局です。まだまだ発展途上ですが、どうぞよろしくお願い致します。お客様は・・・

 当法人は、すべての人々に対して、国際交流と日本文化に関する助け合い事業を行うことにより、日本文化の推進を目指しています。

 

 主な活動内容としては、外国からの留学生に対する支援、日本の住まいに関する調査研究と諸問題に対する支援、文化財に関する調査等の支援、農業生産に対する支援などです。

 

 大阪府下を活動の中心拠点としながら、必要に応じて広域的に支援を広げていきたいと考えています。

 

 Our company for all people by helping engaged on international 

exchange and Japan Foundation, aims to promote Japanese culture.

 

 As the main activities, support for foreign students, support for 

research on housing issues and the Japanese cultural survey and help, support agricultural production,  etc. 

 

 While in Osaka Prefecture and the hub of activity, we would like to expand globally as necessary assistance. 

 

 このサイトに関する質問や、日本文化・日本語、留学生の支援、住宅問題などに関する質問や問い合わせについては、上記のメニューにある問い合わせや直接メールをお送りください。

 

 また、お急ぎの場合は、右下にポップアップするチャットをご利用ください。担当者につながります!

よかったらシェアしてくださいね。