食文化リポート

もりそば
もりそば

岐阜県郡上八幡市のおそば屋さんでいただきました。

これは「十割蕎麦(じゅうわりそば)」といって、そば粉100%で作られたおそばです。自分の手によるおろし立ての本わさびがすばらしい香りを醸し、一層味を引き立てます。

蕎麦は典型的な日本料理の一つです。奈良時代以前から日本人に食されていたことが明らかですが、当時は雑穀として粥のように食べられていたようです。現在のような粉にして麺の形に加工し始めたのは、16世紀末から17世紀初め頃とされ、団子状の「蕎麦練り」と区別して「蕎麦切り」と呼んでいたそうです。

近世の江戸市中を描いた絵図で「二八そは」と書かれた屋台がよく見られるように、江戸時代には手軽な食べ物として急速に普及していったようです。

皆さま!セブンイレブンのおにぎり100円はご存じ、または食しましたでしょうか?

店舗数日本一にふさわしくどえらく太っ腹な今回の100円おにぎり。

その中でも「山賊」というおにぎりをご存知でしょうか?

ちなみに260円が150円でした。(やっぱ太っ腹)

三種類の具が一つのおにぎりに各所ににぎられています。(日本人は3が好き?)

とにかく大きくて重いそのおにぎりなのですが、これがおいしいのです!

三つの具が時間差であらわれ、なんなら二つが合わさったり、一口一口違う味が広がり、飽きがこない!

飽きがこないことってとても大事で、一つの具おにぎりは最後の段階は確実に飽きて、なんならやたら

最後のほうにだけマヨネーズなどの「かたまり」があったりして・・・許せない!

 

それがこの「山賊」にはないのです。

おにぎりを二つ購入するなら私は「山賊」をお勧めします。

飽きのこないおにぎりをぜひ食してみてください!

http://www.sej.co.jp/cmp/onigiricmp.html ← 残念ながら、キャンペーンは終了しました。

 

ちなみに、飽きのこない○○○はまだまだ探究中です。

ようこそ、いらっしゃいました!こちらはT.S.P事務局です。まだまだ発展途上ですが、どうぞよろしくお願い致します。お客様は・・・

 当法人は、すべての人々に対して、国際交流と日本文化に関する助け合い事業を行うことにより、日本文化の推進を目指しています。

 

 主な活動内容としては、外国からの留学生に対する支援、日本の住まいに関する調査研究と諸問題に対する支援、文化財に関する調査等の支援、農業生産に対する支援などです。

 

 大阪府下を活動の中心拠点としながら、必要に応じて広域的に支援を広げていきたいと考えています。

 

 Our company for all people by helping engaged on international 

exchange and Japan Foundation, aims to promote Japanese culture.

 

 As the main activities, support for foreign students, support for 

research on housing issues and the Japanese cultural survey and help, support agricultural production,  etc. 

 

 While in Osaka Prefecture and the hub of activity, we would like to expand globally as necessary assistance. 

 

 このサイトに関する質問や、日本文化・日本語、留学生の支援、住宅問題などに関する質問や問い合わせについては、上記のメニューにある問い合わせや直接メールをお送りください。

 

 また、お急ぎの場合は、右下にポップアップするチャットをご利用ください。担当者につながります!

よかったらシェアしてくださいね。